西中国山地自然史研究会 冬を生きる動物の生態

  • 観察会の様子

  • 観察会の様子

  • 観察会の様子

  • 観察会の様子

  • 観察会の様子

  • 観察会の様子

ツアー情報

開催日/期間
2021年1月9日(日)
管理番号
018
募集期間
12/18〜1/7
金額(大人1名)
500円
定員(最小催行)
20名(1名)
食事
なし
添乗員・同行
なし
利用バス会社
大朝交通
その他
中学生以下無料

特徴・おすすめポイント

冬を生きる動物の生態

雪に閉ざされた八幡高原を、動物たちの痕跡を探して歩きます。雪の上をよく見ると、足跡や食痕などから、どんな動物が活動しているのかが分かります。暖かい服装と、雪の上を歩くためのスノーシューやかんじきをご用意ください。 また、2時間の観察会後には芸北オークガーデンでお食事と温泉を楽しめます(料金別)寒さを和らげる温泉と美味しい料理をお楽しみください。

内容・スケジュール

8:00広島駅出発(途中乗車あり)
10:00高原の自然館到着 ※オリエンテーションの後、観察会へ出発
12:00 観察会終了、移動
12:30芸北オークガーデン到着 お食事、温泉を個人でお楽しみください
15:00出発
16:30広島駅到着

西中国山地自然史研究会 冬を生きる動物の生態

管理番号: 018
金額(大人1名) 500円

日程を選択する

料金と予約申し込み

※各日程をタップし、「乗車場所」「時間」をご確認の上、ご予約ください。

注意事項

準備物: 山を歩ける服装、防寒具(手袋・マフラー・耳当て・ニット帽・カイロ等)雨具、飲み物、おやつ、筆記用具、メモ帳、自然観察手帖、(かんじき) (注意)服装はスキーウェアや上下のレインウェア(スノーウェア)など、動きやすい防寒具がおすすめです。また、かんじきは1組400円でレンタルいたします。

HISTORY 最近見たツアー企画

    チェックしたツアー企画はありません

トップへ